特 長
・有機樹脂を加水分解により、縮重合させ高分子量化したハードコート剤です。得られる硬質被膜は非常に硬く、
 またSi-o単位を多く含んでいるため、耐熱性、耐酸性、耐アルカリ性に優れています。
・トリプルバリアはHYフッ素と絡み合い、強力な硬質被膜を形成します。その結果、小傷や退色から塗膜をガード、
 しかも塗装面は陶磁器のようになめらかな肌触りに仕上がります。
・近年酸性雨による被害は増加傾向ですが、膜圧数ミクロンのバリアはその酸性雨による塗膜の劣化を防止。
 過酷な自然環境にも対応します。

・手作業、または電動ポリッシャー(シングルまたはダブルアクション)によるバフがけ、どちらでも
 施工できます(バフがけを推奨)

・重ね塗りができます。
・1回の施工で
最低2年以上効果が持続します。

施工方法
@ まず洗車し、ボディー表面の埃・砂等をキレイに落とします。
A ノンシリコーンタイプの研磨剤で水垢・汚れ等を除去、塗装面の凹凸を無くします。
B ボディー表面の水分を極力除去し、適量をスポンジに取りワックスがけの要領で均一に塗り広げていきます。
C 最後に乾いたキレイなマイクロファイバークロス等で乾拭きし施工終了です。

POINT !
紫外線や酸性雨が直撃するルーフやボンネットは2度がけするとより効果が長持ちします。
・電動ポリッシャーをお持ちの方は、バフがけ施工されるとより仕上りのクオリティが上がります。

施工後の注意点
※ 施工後1週間は洗車を控えてください。
※ 洗車する際は、コンパウンド入りカーシャンプーの使用は避けてください。
※ 自動洗車機を使用すると、コーティング効果が短くなる場合があります。
お問合せ
HOMEへ

トリプルバリア オープン価格
ナノバリアミニボトル
Copyright(C) WIRED All rights reserved. /このホームページに掲載されている文面・写真・図表などの無断複製・転載を禁じます。
防汚性・退色防止・対傷性を高次元でバランスさせた作業性抜群のプロ御用達トリプルフッ素配合コーティング剤!
トリプルバリア
 容 量  1L
 液 性  中性
 対 象  全塗装色
 成 分  フッ素(3種類) 乳化剤 他
 施工台数  約35台前後(2Lセダンクラス)